このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



馬場祥子プロフィール



11Pianist 様々な形態でのソロライブやソロコンサートを行っております。また、石橋直子とのピアノデュオ「ハーモニューズ」として、各種楽器/声楽の方のコンクールやコンサートの伴奏者として、レコーディングなどのためのピアニストとして、幅広く活動しています。詳細はLiveのページをご覧ください。

8Interpreter クラシックピアノはご存知の通りヨーロッパから発祥し今世界中で親しまれているジャンルです。海外からピアノ教授が日本にいらした時の講座や公開レッスンの同時通訳を担当しています。また、音楽教育DVDの翻訳や、国際ピアノコンクールのプロデュース・通訳なども行っています。

12Instructor お子様から大人まで、様々なご要望に応じたレッスンコースを開講しています。生徒さんの持っている力・才能を最大限に引き出し、ピアノだけでなく、ピアノを通して生活マナーや、毎日の積み重ねがいかに重要かということをお伝えできればと思っています。

馬場祥子プロフィール/Shoko Baba’s Biography

Click here forShoko’s resume.

東京藝術大学器楽科卒業。 ボストン・ロンジー音楽院大学院修士課程をリリー・デュモン奨学金を得て首席卒業。

高校・大学在学中に第53回鎌倉市学生音楽コンクール優勝、市長賞受賞。 第13回神奈川おんがくコンクール優勝、県知事賞受賞、佐藤功太郎指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と協演。 また第11回・そして第12回JPTA教育連盟オーディション決勝受賞、2年連続上位入賞者コンサートに出演。 第5回ドイツエトリンゲン青少年国際ピアノコンペティションファイナリスト。2003−2004年国際親善奨学生として国際ロータリー財団から選ばれる。 大学院中、ハーヴァード大学で2つのソロリサイタルを展開。コネチカット州ミュージコルダ音楽祭に奨学生として招待される。2004年度、2005年度ロンジー音楽院で行われたオナーズコンペティションでウィナーに選ばれ、2年連続ウィナーズコンサートに出演。また2年連続フィショフ・ナショナル室内楽コンペティションで入選、カナダ・バンフ音楽祭に招待される。その他ブロックトン・シンフォニー、コンチェルトコンペティションの審査員、ブロックトン・シンフォニー、ニュートン・シンフォニーのピアニストとして活躍。

帰国後、朝日新聞東京本社コンコース内にて毎日2回のコンサートを1ヶ月間行い、朝日社内新聞に取り上げられる。また10月は、毎日新聞に取り上げられる。アメリカ、ウェストミシガン、アイオワにてマリンバ&ピアノデュオ「ハズム」のコンサートツアー、またラジオにも出演。 ブラッドショー&ブオーノ国際ピアノコンペティションソロ部門で1位受賞、カーネギーホールにてウィナーズデビューコンサートに出演。NHKラジオ番組「輝いて生きる」で取り上げられ、反響を呼ぶ。

ソロの他、石橋直子とピアノデュオ「ハーモニューズ」を結成。第7回日本アンサンブルコンクール2台ピアノデュオ部門において受賞者披露演奏会に出演。大阪国際音楽コンクールファイナルにおいて2台ピアノ部門でエスポワール賞受賞。またブラッドショー&ブオーノ国際ピアノコンペティションにて連弾部門で1位受賞、カーネギーホールにてウィナーズデビューコンサート、ニューヨークベヒシュタインオーディトリウムで演奏。 近年では小澤征爾監督サイトウキネンフェスティバルに全奨学金を得て参加。またハートトゥハート実行委員会を立ち上げ、障害を持つ音楽家を積極的に支援、NHK World News、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などで取り上げられる。

今までにクラシックピアノをクレア・ローネス、日比谷友妃子、多美智子、佐藤俊、ヴィクター・ローゼンバウムの各師、室内楽をジョナサン・コーラー、白井光子の各師、ジャズピアノをピーター・カッシーノ、デイヴ・リミナの各師に師事。


Pianist Shoko Baba was born in Japan. Her mother is an organist, and Shoko began playing the piano at the age of 2. Her family moved to the United States in 1986, where she studied piano intensively under Claire Lohnes.

After she moved back to Japan in 1990, she continued her studies under Yukiko Hibiya. She graduated from Kitakamakura Girls Junior High and High School majoring in music, and for 6 years in a row she was chosen to play at a subscription concert representing her school and colleagues. She was a finalist in the PTNA All‐Japan Piano Competition, and won the 13th Kanagawa Competition, which led her to perform with the Kanagawa Philharmonic Orchestra.

She has also won the 53rd Kamakura Competition, and the 11th and the 12th All‐Japan Piano Teacher's Association Audition, for which she was chosen to perform in the winner's concert in Tokyo for 2 years in a row.

In 2008, she won the first‐prize of the Buono and Bradshaw International Competition and performed in the Winners’ Debut Concert held at the Carnegie Weill Hall in New York.

She holds a Bachelor of Music degree from Tokyo National University of Fine Arts and Music, where she studied with Michiko Ohno and Shun Sato. She was a finalist of the 5th Ettlingen (Germany) International Competition in 1998. After moving to Boston in 2002, she entered Longy School of Music studying with Victor Rosenbaum.

She was a semi‐finalist of the Fischoff National Chamber Music Competition with the St. Botolph Trio in May 2003. She also gave 2 recitals at Harvard University in April and May 2003. She was chosen as the 2003‐2004 International Rotary Foundation Ambassador of Goodwill representing Japan.

She was a member of the Vox Trio with Yumi Okada (violin) and Sally Takada (cello) and gave touring to give recitals and outreach concerts in Boston, San Jose, Tokyo, Nagoya, and Kamakura. In February 2004, the ensemble gave its debut recital in Cambridge. In April 2004, the Vox Trio was a finalist of the Coleman National Chamber Music Competition and a semi‐finalist of the Fischoff National Chamber Music Competition. They were invited to a celebration concert at MIT Boston.

She is also a duo member of Harmonieuse with Naoko Ishibashi (piano). They were the first‐prize winner of the Buono and Bradshaw International Competition in 2009, and performed in the Winners’ Debut Concert at the Carnegie Weill Hall in New York.

In January 2004, she injured her right hand and was diagnosed with cubital tunnel syndrome. She underwent ulnar nerve transposition surgery in May 2004. She was the winner of the Honors Competition of Longy School of Music playing pieces for the left‐hand. She participated in the World Piano Pedagogy Conference, studying about musician’s injuries, in October 2004. While recovering from her injury, she has been actively talking in public about her hand and to musicians about how to avoid repetitive stress injuries. She had her left‐hand Recital in May 2005 and earned her masters degree with distinction at Longy School of Music in Cambridge.

After few years of rehabilitation and coming back to Japan, she has started performing with both hands again. She has had numerous lives and concerts in Tokyo.
She is an active outreach performer and speaker as well, and was a regular performer at Youville Hospital in Boston, Rehabilitation Centers in Tokyo, and at Junior High Schools in MinamiSanriku.
On top of performing, she is currently one of the producers of the International Chopin Piano Competition in Asia & Heart to Heart Organization, an interpreter for foreign professors and pianists in major music universities, and a teacher of more than 40 private students.